フーリエ級数(展開)・N次高調波とは何かが簡潔に説明してある書籍「スイッチング電源設計基礎技術」

フーリエ級数(展開)・N次高調波とは何かが簡潔に説明してある書籍1

  • 級数
  • フーリエ級数
  • フーリエ級数展開
  • N次高調波

とは何か?

をさっと1ページでイメージつかみたいならこちら。

1ページに簡潔に説明されている本がありました。

スポンサーリンク

フーリエ級数(展開)・N次高調波とは何か?簡潔な説明をサクッと確認したい場合にこのページを開くよい

それが、

「スイッチング電源設計基礎技術 イラストでよくわかる電源回路の理論と実践」

本書の185ページ。

フーリエ級数(展開)・N次高調波とは何かが簡潔に説明してある書籍2

級数とは、特定の決まりに従って無限に足し合わせる重なりのこと。

級数の中でも2種類があって、

無限に足し合わせて、ある値に収まる場合(収束する場合)と、

無限に発散する場合がある。

収束する方のことをフーリエ級数という。

繰返し周期Tで、時間的に変化している波形はその繰り返し周期Tの基本周波数とN次高調波のsin波とcos波と直流成分の合成で作ることができる。

フーリエ級数展開は、繰返し周期Tで時間的に変化している波形をその繰返し周期Tの基本周波数とその整数倍のcosの係数とsinの係数と直流成分に分ける方法。

フーリエ級数(展開)・N次高調波とは何かが簡潔に説明してある書籍3

N次高調波とは、基本周波数fのN 倍の周波数のこと。

スポンサーリンク

まとめ

級数展開の難しい計算をゴリゴリとやる前に、

そもそも級数とは何?

フーリエ級数とは?

展開とは何か?

という用語の定義を理解しないと、何をやってるかさっぱり分からなくなります。

言葉の定義を確認するのに適した本の紹介でした。

P.Sちなみに、

「スイッチング電源設計基礎技術」は、2種類あります。

改定前の古いバージョンと、新しいバージョンがあります。

こっちが、古い方です↓

フーリエ級数(展開)・N次高調波とは何かが簡潔に説明してある書籍4

ほとんど同じ内容なので、改定後の増補改訂版を買えばいいです。

下記が、新しい方の改訂版↓

--------------
エンジニアとして収入を上げいく一番の早道は、少々背伸びしてもいいから、とっとと開発現場に出ることです。

レバテックキャリアは、IT系、WEB系はもちろん、組み込み系エンジニアの募集も数多くありました。

登録は無料なので、とりあえず登録しておくのがよいです↓


--------------
エンジニアの職場は、30代、40代でも彼女いない、結婚していない方がたくさんいます。

個人の自由なので、別によいのですが、

「いい奴なんだけどなー。奥手だから女性と会話するのも難しいだけ。彼女いないのがもったいない」

という人が結構います。

そんな恋愛経験が少ない人向けの婚活サイトがあります。↓

恋愛経験が少ない男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活サービスは【ピュア婚】

私の身近な職場の周りでも、結婚相談所を利用して結婚した男性が2人いますし、

結婚相談所で女性を見つけるのは全然ありだと思います。



スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする