キャリアアップ一覧

エンジニアの将来性や人手不足で売り手市場が続くのか長期的な展望が分かる本

エンジニア(システムエンジニア、ソフトウェアエンジニア、プログラマーなど)の仕事って、本当に将来性はあるの? 今後、AIの台頭によってエンジニアの仕事もなくなるのではないか? といった主張をする方も少なからずいます。 さて、実際のところどうなのでしょうか。

好きで得意なことを診断し転職・就職してストレスない仕事を見つける方法

よく最近、ビジネス書やYoutube、ツイッターなどで 「好きなことをして稼ごう!自分の好きなことを仕事にしよう」 と言ったメッセージをよく聞きます。 では、 そもそも好きなことって何? 仕事につながるような好きなことって何? よく考えてみても、分からないことが多いのではないでしょうか。 今回は、好きなことを探す方法、診断をする方法について書いていきます。

自分がいいと思ってない商品を仕事だからと無理やり売ってもいいのかと悩む時に読む本

「この商品、どう考えても競合他社より性能が悪い」 「品質が悪いにかかわらず、競合他社より価格も高い」 いくら商品に自信がなくても、よくなくても、 自分が所属する会社の商品で、営業担当(セールス)だったら、どうしても売らないといけません。 こんな時、どうすればいいのか?

転職面接(面談)の逆質問の例は?面接官や人事に聞くべき後悔しないための3つの問い

転職面接では、面接官(会社側)から応募者(自分)への質問の場にだけするのはもったいない。 自分から逆に会社側へ質問し、相手の会社を知る良い機会です。 いわゆる逆質問。 では、せっかくの面接の機会。 限られた時間の中で、 これだけは面接の時に相手の会社(面接官・人事部門)に聞いておくべき3つの質問を取り上げます。

仕事が嫌なのは会社や上司のせいと考えるのは大きな勘違いな訳

何かしら誰でも 会社に対して、 上司に対して 周りの同僚対して、 不満があるものです。 でも、それはお門違い。 しょせん、雇用されている身分の会社員が、 会社が悪い、 上司がクソ、 とか思っても、 「こんな職場だから、私のパフォーマンスが出ない」 といった不満は全くの勘違いという話です。

転職先の業界を未経験で異業種から選ぶなら伸びる市場にするべき理由

転職にも二つのパターンがあります。 一つは、今働いている業界、同じ職種で他の会社に転職するパターン。 もう一つが、これまでの経験は捨て、業界を変えるパターン。 一方で後者の場合は、仕事内容を変えるので、未経験からの出発となります。未経験であれば、これまで働いてきた業界以外の全ての業界が、転職先の候補となります。 ではその場合、どの業界で働くのがよいのでしょうか?どのような基準で業界を選べばよいのでしょうか。 結論からいうと、 今後伸びるマーケット、伸びる業界に転職をすること。

ITエンジニア(SE)は転職サイト・エージェント以外からの就職先も考慮すべき理由

エンジニアが転職する時、どうやって転職先を選ぶのが良いでしょうか。 「転職考えてみようかな」 と頭の片隅で思った方もいると思います。 この記事では、転職活動を本格的に始める前に、どのような転職方法があるのかを整理しておきたいと思います。 私はまだ、新卒で入社した会社に18年間勤めていますが、実は転職活動自体はひそかにしてきました。転職関連の書籍で勉強した経験もありますので、その内容も含めて書いていきます。