ハル一覧

現代制御と古典制御の違いが分かりやすく説明してある書籍は?「初めて学ぶ現代制御の基礎」

現代制御と古典制御の違いは何か? 古典制御すらままならない理解の状態で、いきなり仕事の現場で現代制御理論が必要 という話になってきて、 最近、現代制御の本を読み漁っています。 で、 「そもそも、古典制御と現代制御の違いは何なのか?」 一言で分かりやすく説明してある書籍はないのか? と思っていたところ、比較的分かりやすく説明してある本がありました。

現代制御やデジタル制御を勉強する初心者や大学生・社会人の新人向けの本は?

組込みシステムのエンジニアとして20年業務経験のあるHARUYAです。 組み込み系の仕事を20年やってきましたが、これまでは現代制御を勉強せずに済みました。 でも最近、モータのサーボ制御とか、現代制御の知識が必要な分野の仕事をするようになりました。 現代制御って、行列式を中心に数式がいっぱい書いてあって、 何がなんだかよくわからないなーって状態。 なので、現代制御の本を読み漁っています。 その一つが「高校数学でマスターする 現代制御とディジタル制御」小坂学博士著。

組み込みシステムのファームウェアとソフトウェアの違いが分かりやすく書いてある本は?「よくわかる組み込みシステムのできるまで」

組込みシステムの勉強していると、 ソフトウェアではなくてファームウェアという言葉が出てくることがます。 ソフトウェアっていう用語は、ハードウェアの反対なのでわかりやすいのですが、 一方で、 ファームウェアって何なの?

ノーマルモードノイズとコモンモードノイズの違いがわかる書籍は?スイッチング電源関係の2冊

組み込み機器の開発をしているとき、 よくノーマルモードノイズやコモンモードノイズという言葉を聞きます。 私は組み込み系のエンジニアですが、ソフトウェア主体に業務をやってきているということもあり、2つのノイズの言葉の定義さえもわかっていませんでした。 たまたま最近よく評価しているボードで、電源ノイズの話が出てきていました。 ということで、この際に電源系の本やノイズの書籍について読み漁りました。 その中で、 ノーマルモードノイズ コモンモードノイズ の違いについて、もっとも分かりやすく書いてあった書籍2冊を紹介しておきます。