ラプラス変換のSが大きくなるとグラフはどうなる?分かりやすく説明された本「やさしく学べるラプラス変換・フーリエ変換」

スポンサーリンク

ラプラス変換の式

F(S) = インテグラルの0から無限大までの範囲で積分し、、、

の式。

ラプラス変換の式に出てくるSの値が大きくなったらどんなグラフに変わっていくのか?

「やさしく学べる ラプラス変換・フーリエ解析」

という書籍のページ38ページから39ページに分かりやすく載っていました。

※30日間無料体験のAmazonキンドルに加入すれば、その期間にキンドル本については無料で書籍が読めてしまいます。

(本ブログ内で、数式を書く手段はあるのですが、時間が掛かるし正直面倒なので、本書の写真を引用しておきました↓)

ラプラス変換のS1

ラプラス変換のS2

一言で言うと、 S が大きくなればなるほど X 軸に近づいてくグラフになる。

このイメージが分かりやすく書いてあります。

ラプラス変換表はメモしておいた

あともう一つ。

44ページのラプラス変換の一覧。こちらは役に立つのでメモしておきました。

ラプラス変換のS3

がっつり勉強したい理工系学生向けの本ですね「やさしく学べる ラプラス変換・フーリエ解析」

本書の著者である石村園子さんは、大学で数学科出身。元、大学の教授です。

本書のタイトルは、「やさしく学べる」

と書いてありますが、私には難しかった。

組み込み系エンジニアとして仕事で必要なため、機械制御の勉強を新たにする必要があり、本書でラプラス変換について学ぶために読みました。

数式がいっぱい出てきて、本書を全部読む気にはなれませんでした。

本書は、仕事の実務で必要な時に読むようなものではなく、

理工系の大学生が、ガッツリとラプラス変換・フーリエ変換を学ぶのに向いていると感じます。

例えば、熱伝導方程式とか、波動方程式とか、偏微分方程式とか・・・。

難しい計算が詳しく書いてあります。

Amazonのレビューでは、多くの人が、

「やさしく分かりやすく説明が書いてあって助かる」

といった内容をコメントしています。

私にとっては、全然やさしくない。難しいっす。

スポンサーリンク

本書は、例題や問題がたくさん載っていて、回答も詳しく書いてあります。

(私は解いていません)

大学のテストでラプラス変換やフーリエ変換の問題を対策するときには重宝できる本でしょううね。

組み込み系エンジニアが実務の仕事で、

ラプラス変換とは何か?

を勉強するには、本記事の冒頭紹介したページのあたりが参考になります。

「やさしく学べる ラプラス変換・フーリエ解析」

ちなみに、

著者の石村園子さんは、東京理科大学卒業、津田塾大学大学院修了。東京理科大学や千葉工業大学で教えてこられた方。

※30日間無料体験のAmazonキンドルに加入すれば、その期間にキンドル本については無料で書籍が読めてしまいます。

--------------
エンジニアの職場は、30代、40代でも彼女いない、結婚していない方がたくさんいます。

個人の自由なので、別によいのですが、

「いい奴なんだけどなー。奥手だから女性と会話するのも難しいだけ。彼女いないのがもったいない」

という人が結構います。

そんな恋愛経験が少ない人向けの婚活サイトがあります。↓

恋愛経験が少ない男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活サービスは【ピュア婚】

私の身近な職場の周りでも、結婚相談所を利用して結婚した男性が2人いますし、

結婚相談所で女性を見つけるのは全然ありだと思います。



選択肢は1つでも多く
 
エンジニア職の働き方の選択肢として、頭に入れておいて損はないです↓
 
エンジニア職で関西(大阪)に戻って転職して仕事を見つけたい・単身赴任を終えるもう1つの選択肢

関西向けの記事ですが、東京の方も同じです。

-------------------

「デキル人になりたい」

そう思いながら何年も経っているなら、

そろそろ無料体験をしてみてもいい時期かもしれません↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする