VI変換やIV 変換の回路図・動作イメージがわかりやすい本は?スイッチング電源設計基礎技術

  • 電圧源を電流源に変換するVI 変換

逆に、

  • 電流源を電圧源に変換するIV 変換

これらの動作イメージを掴むのに適した本や教材は?

「スイッチング電源設計基礎技術」

という本の111ページあたりを見ると分かりやすくてイメージしやすかったので、おススメします。

スポンサーリンク

VI変換やIV変換の回路イメージがわかりやすかった本

本書から、この111ページの図を引用させていただきます。

詳細の説明も含めて読みたい方は、本書を購入、あるいは図書館で借りて読まれることをおすすめします。

スイッチング電源設計基礎技術1

正直いうと、私自身は、VI変換、IV変換のイメージまでができたった感じです。

本書は、ハード設計者向けに書かれたもの。

私のように、組込みシステムのソフト開発をメインの業務にしている者にはハードルは高い本でした。

実際のソフト開発業務では、

VI変換やIV変換をして数値の計算をするとか、

回路に流れる合成電流や電圧値がどうなってるかとか、

そういう計算は基本的にはしません。

ただ、ソフト開発がメインといっても、評価ボードを使って開発をする際は、ある程度ハードのことを知ってないといけません。

そのために私は本書を読みました。

ちなみに私の方は、最近では、

ボードに実装されているICのスイッチング電源のノイズがどうやら大きくて、

システム全体の動作に悪影響を与えてしまっているのでは?

って疑いがあって、ソフトのデバッグと同時にボード側の動きも解析するっていう

ことをしていました。

スポンサーリンク

まとめ

本書、全体を通してソフト屋の私にはハードルが高い本でした。

回路設計者向きの本であり、いきなり難しい用語とか、回路図とか、計算式が出てきて意味が

分からなかったところもあります。

ただその中でも1つ収穫だった内容としては、

IV変換とVI変換の回路図イメージができたことです。

どのように考えれば、

電圧源から電流源に変換できるのか?

電流源から電圧源に変換できるか?

のイメージはできました。

P.S

ソフトができて、ハードもそこそこ分かるっていう人になれば、

仕事の幅が広がります。言い方を変えると、今の職場環境を変えたいなと思っても、

比較的転職しやすくなります。

では、組み込み系、電子、電気系のエンジニアの求人は、具体的にどんな人材が求められているのか?

そこから情報収集するなら、製造業に特化したエンジニア向けのメイテックネクストが情報が豊富で助かります。

カンタンに無料会員登録できるので、登録しない理由なしです↓

--------------
エンジニアとして収入を上げいく一番の早道は、少々背伸びしてもいいから、とっとと開発現場に出ることです。

レバテックキャリアは、IT系、WEB系はもちろん、組み込み系エンジニアの募集も数多くありました。

登録は無料なので、とりあえず登録しておくのがよいです↓


--------------
エンジニアの職場は、30代、40代でも彼女いない、結婚していない方がたくさんいます。

個人の自由なので、別によいのですが、

「いい奴なんだけどなー。奥手だから女性と会話するのも難しいだけ。彼女いないのがもったいない」

という人が結構います。

そんな恋愛経験が少ない人向けの婚活サイトがあります。↓

恋愛経験が少ない男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活サービスは【ピュア婚】

私の身近な職場の周りでも、結婚相談所を利用して結婚した男性が2人いますし、

結婚相談所で女性を見つけるのは全然ありだと思います。



スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする