C#(Visual Studio)でベタ書きソースコードを自動でメソッド化(関数化)する簡単な方法

スポンサーリンク

Visual Studio(C#)で、

メソッドを新たに作る時、自分でベタ書きしてメソッド化(関数化)してソースコードを書かなくてもいい方法を知ったので、記録をしておきます。

「メソッド化したいソースコードの箇所を網掛けして、右クリックすればできる」

と覚えておけばOKです。

C#(Visual Studio)でベタ書きソースコードをメソッド化(関数化)する簡単な方法

ソースコードからメソッドを作った例は、下記の記事に記載しました↓

自分でやってみた例:

ソースコードは、現場ですぐに使える! Visual C# 2019逆引き大全 500の極意から引用:

以下のうち、y= x*x;

をメソッド化したい場合です。

y= x*x;

をマウスで網掛けし、右クリックする。

右クリックして出てくる表示画面の中で、

「クイック アクションとリファクタリング」をクリックする。

[ad#co-1]

さらに、

「メソッドを抽出する」

を選択します。

すると、上記例では、

private static int NewMethod(int x)

というメソッドが自動でできました。

そのメソッドの中に、

return x* x;

がちゃんと書かれています。

メソッド化する方法って、知っている人にとっては、基本的で当たり前のことなのかもしれません。でも、意外とC#やVisual Studioの書籍や有料教材に書いてないので、知らないままでいる人もいるかもしれませんね。

選択肢は1つでも多く
 
エンジニア職の働き方の選択肢として、頭に入れておいて損はないです↓
 
エンジニア職で関西(大阪)に戻って転職して仕事を見つけたい・単身赴任を終えるもう1つの選択肢

関西向けの記事ですが、東京の方も同じです。

-------------------

「デキル人になりたい」

そう思いながら何年も経っているなら、

そろそろ無料体験をしてみてもいい時期かもしれません↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする