WPF(C#)XAMLオンライン講座(教材)の入門・初級者向けならUdemyがオススメ!英語版でもなんとかなる

新しいプログラミング言語を学ばなきゃいけない時、どうやって始めるのか。

そのひとつの答えが、Udemyというオンライン学習プラットフォーム。

シリコンバレー発祥のオンライン教育講座です。

私はこれまで、組み込みエンジニアとして20年近く行ってきました。ずっと C 言語ばかりやっていたのですが、ここ最近 C#を使ってWPF上でXAMLのソースコードを触ったりとかにかかわる必要も出てきました。

PC 上で動くGUIの開発など。

WPFの教材って、ほんとあんまりないんですよね。

で、結論として、入門者でも取り組みがしやすいオンライン講座を探した結果、

Udemy一択です。

↓画像をタップすると Udemyの オンライン講座のサイトに移動します。

スポンサーリンク

WPF(C#,XAML)の初心者向けオンライン講座ならUdemyが一番よいと感じている

プロゲートとかドットインストールとか、有名なオンライン教育には、WPF関係の講座がみつかりませんでした。

あと、他の技術系教育会社を運営しているテックアカデミーとか、そういうのも探しましたが、どうやらWPFはなさそうです。

唯一あったのがユーデミーです。

Udemyのサイトに入って、検索窓で、

「WPF」

と検索してみてください。

すると、2020年4月現在、48件の講座が出てきます。

では、どうやってWPF超初心者の人が、どの講座を選べばいいかという話をしていきます。

結論をいうと、WPF超初心者の私は、

まず、下記の二つを買いました。

↓画像をタップすると Udemyの オンライン講座のサイトに移動します。

1つが、日本人の方が説明している唯一の講座

C#のWPFでXAMLを書く方法 (C#WPFの道【XAMLになれる編】)

日本語版がこれしかないので、この講座から始めるのがベストと判断しました。

4時間超の講座です。

そして、これだけではおそらく、まだまだWPFが身についてないと思うので、もう一つ買いました。

日本語はなかったので英語版を買いました。

英語版で中でも私が買ったのは、

「WPF & XAML: Build 10 WPF applications (C#) in 2020」
Learn XAML and WPF development on 10 projects. WPF/C# programming even for beginners

です。

初級者向けで、6時間の講座です。

私はWPF関係の講座48個をくまなくしっかり調べた結果、

入門・初心者であれば上記の2つの講座から始めるのがベストと思っています。

この2つから勉強を始めています。

Udemyで入門・初心者(ビギナー)にやさしい講座を選ぶ方法

Udemyで、どうやって自分に最適な講座を選ぶのか?

という点を説明します。

 Udemyの オンライン講座では、キーワード検索と絞り込みができます。

レベルは、初級・中級・専門の三つから選べます。

迷わず「初級」で絞り込みます。

また、言語も絞り込みが出来ます。

多くの日本人の方にとっては、もちろん「日本語」

でも、残念ながら日本語の講座は少な目です。

その場合、「英語」も選択して絞り込みをします。

英語であればギリギリオッケーでしょうか。

中国語、ドイツ語、ポルトガル語とかも講座がありますが、まあムリです。全く理解できないですから。

上記の絞込みで、半分以上の講座が弾かれると思います。

そして次は、各講座のサンプル動画を確認します。

各講座とも、いくつかのオンライン動画が無料で公開されています。

その動画を見て、

  • どんな先生なのか?
  • 自分にとって、聞きやすい説明をしているか?
  • 初心者を意識してしゃべっているか?

を感じて判断します。

また、各講座の目次もチェックするのがよいです。

自分が学びたい内容が入っているかどうかをチェックです。

目次の前後、講座の概要説明のところに、

必須スキル

というのも書いてあるのでそこもチェックします。

どんな人が、本講座の受講対象なのかが分かってきます。

例えば、WPFの場合、

WPF初心者、WPF入門向けの

というキーワードが入っているかどうか。

を注意して読むとよいです。

講座の中には、

「C#の知識が豊富にある人が受講対象」

と書いてあるのもあります。

C#に詳しい人だったらいいけれども、

私は自信がないので、そういった文言が入っている講座は除外しました。

最後に、もう一つ大事なのは、レビューです。

レビューコメントには、過去に受講した人の感想が書いてあります。

  • あまりに評判の悪い内容が多かったり、
  • 「基礎が身に付いてない人は向いてない」
  • 「これは上級者向けの講座」

とか書いてあるコメントが見つかる講座は除外しました。

そうやって絞り込みをどんどんしていくと、どの講座を買うのかが決まってくると思います。

私が学習しようとした

WPF(C#、XAML)のキーワードの講座の場合、

48個ある講座の中で、2つに絞り込めました。

スポンサーリンク

Udemyの英語版講座でもなんとかなる

英語が苦手だから、全く意味が分からないのではという心配もあると思います。

その場合、2つの点に注意して講座を選ぶのがよいです。

1つは、サンプル動画で、講師の方がゆっくりと、かつ、わかりやすい英語で説明しようとしているかという点。

もう1つは、英語が分からなくても、ソースコードを見ればなんとなく分かりそうな講座であるかという点。

仮に、英語があまりわからなくても、ソースを見れば、だいたい何やってるかってわかります。

英語ネイティブじゃない人にちゃんと配慮して、先生が教材を作っているかというのをサンプル動画から感じ取ることが大事だと思います。

また、英語の動画は、画面下に英語の字幕が出てきます。時間をかけてゆっくりと学習するのであれば、その英語の字幕を見れば説明内容がわかります。

Udemyで、日本語版の講座がみつからなくても、英語版でも購入する価値は十分にあります。

 Udemyの オンライン講座でから講座を探してみる↓