組込みソフトエンジニアとしての心構えや将来どんな勉強が必要かがわかる本「半導体この成長産業を手放すな」

組み込みソフトエンジニアとしてこれから働く人 組み込みソフトエンジニアになりたいと思っている新卒の学生さんや第二新卒の人 におススメの本です。 今後、どのような心持ちで、組み込みエンジニアとして仕事すればいいのか? 将来的に何に力を入れて勉強すればいいのか? が分かる本です。 一度読んでおいて損はないです。 それが、 「知らなきゃヤバい半導体 この成長産業を手放すな」

組み込みエンジニアになるには大学での専攻は何学部で何学科に行くのがよいのか?

私は組み込みエンジニアになって20年大学を卒業後ずっと組込みシステムのエンジニアとして働いてきました。 ヤフー知恵袋で時々こんな質問があります。 「組み込みエンジニアになるには、大学ではどの学科を専攻していた方が有利なのか?おすすめは?」 大学に入る前の高校生、あるいは、すでに大学に入ったけれど、 就職先に組み込みシステムのソフトエンジニアになりたいという人が疑問に思っていると思います。

パワーMOSFETのわかりやすい説明が書いてある入門書・専門書は?ユーザー向けと設計者向け別

モータ制御などで使うMOSFET(パワーMOSFET)のわかりやすい本ってないのかな? と思って、ネットで探していました。 が、意外と、MOSFETに特化した本ってあんまりないんですね。 ないとは言っても、多少はありました。 私が読んだ2冊について、書いておきます。

ワークライフバランスの取り組みで個人は残業減らすべきか長時間労働するべきか迷った時に読む本

ワークライフバランスの取り組み。 会社では、 会社(というか労働組合)「なるべく残業を減らして、休み(有給・年休)をしっかり取り、家庭と仕事の両立を図りましょう」 とかって、聞き心地の良い言葉が聞かれる時代です。 でも一方で、心の中の一部には、 私「本当に自分みたいな出来の悪い人間が、残業なしで、休みも多く取っていいのか? これからの会社人生でも、リストラされずにやっていけるのかな?」

同僚(同期)エンジニアがワークライフバランスで有給取ったり定時帰りしてくれた方がライバルに勝てて助かるって話

ワークライフバランスっていう耳障りのいい言葉。 何年も前から聞いてきたので、もうだいぶ聞き慣れた感じがあります。 「残業しないで定時で帰る」 「有給はしっかりとる」 「仕事と家庭の両立をしましょう」 こんな理想的な会社員生活。 でも、全ての人がそのような生活ができているわけではないでしょう。 その一方で、 「有給なんて、体調が悪かったり、病気になった時だけしか取ってない」 「上司や周りの同僚が帰宅するまで、自分はついつい残業をしてしまう」 など、ワークライフバランスができない人もいるでしょう。

ルネサス製RL78をCS+でRAM(パラメータ・変数ウォッチ)のリアルタイム表示機能「はい」にすると動作が異常に

ルネサスエレクトロニクス製RL78マイコンのファームウェアのデバッグ時の話。 統合開発環境 C S +上で、自分で宣言したグローバル変数(RAM・パラメータ)をリアルタイムで表示する機能ってすっごく便利。 でも、調子に乗っていつもいつも使っていると、思わぬ落とし穴に。。。 よく読むと、 「実行中のメモリアクセス」 実行を一瞬停止してアクセスする って書いてあります。 これを頭の片隅においておかないと、痛い目にあうことがあります。

OSI基本参照モデルの覚え方!階層と装置を情報処理技術者試験試験対策向けに無理やり

情報処理技術者試験の基本情報や応用情報で必ず出てくるネットワークの問題。 その中で、OSI 基本参照モデルがあります。 理屈とか抜きで、7階層とその階層で使う中継装置は、無理やりこじつけであっても覚えてしまった方が話が速いです。 私は下記の方法で覚えました。 メモ書きしておきます。