パソコンのキーボードを叩く音がうるさい人の心理と自分自身の対策

会社で、

カフェで、

ノートPCのキーボードを打つ音がやたら気になることがありませんか?

自分のではなく、人のキーボード音で。

特に、エンターキー押す音。

何かをタイピングし終わった時に押すEnterキーを思い切り、

パンッ!

と押す、あれです。

どういう心理でやっているのでしょうか?

気がつくと、私自身も、たまに会社でそれをやっちゃっていることがあるので、今後気を付けるためにもメモ書きです。

スポンサーリンク

キーボードをパンパン叩いて、ストレス発散

まず、

自分自身を振り返ると、キーボードのエンターキーを強くパチンと打ってしまうときは、ソフトウェアの開発をしている時。

エミュレータを接続し、ソフトウェアのバグを取ろうとあれこれと試行錯誤している時(デバッグ)、ついつい、キーボードを強くたたいてしまうことに気がつきました。

では、その時の心境は?

これは、ストレスが溜まっている時ですね。

そして、キーボードを強くたたくことで、そのストレスを指先からわずかに発散しているのではないか?

そう感じます。

ソフトウェアのデバッグをしている時、特に、思ったようにソフトが動かない時、

どこがおかしいんだろう?

なぜ?

と考えこむことがよくあります。

そんな時、ストレスがたまっている状態です。

ずっと座った状態で、ストレスの発散先といえば、指先か、貧乏ゆすりする足、そのどちらかです。

なので、私の場合、ストレス発散するために、ついつい、キーボードを強くたたいてしまう癖があることに気がつきました。

あくまでそれは、私の1つケースにすぎません。

では、その他、他の多くの人も含めて、理由として考えてられるのはなにか?

ネットにもツイッターを始め、同じような意見を言っている人が多かったのは、

キーボードをパンパン叩いて自己顕示するため

職場やカフェで、

「俺って、バリバリ、パソコンで仕事やってるんだぜ」

っていうのをキーボードのタイピングを通じてアピール。

確かに、それはあるかもと思いました。

私自身を振り返ってみると、

ああ、思い出すと恥ずかしいですね。

確かに、ありました、あしました。

電車で席に座った時、ノートPC広げて、

「いかにも、忙しく仕事してますよ」

的な雰囲気で、パチンパチンとキーボードをたたいちゃってた自分。

思い返せば、それも自己顕示するためのものだったかも。

でも、そんなの意識してるの自分だけ。

自分以外全ての人にとったら、ただの迷惑。

ウザい奴にすぎません。

思い出すだけで恥ずかしい。

スポンサーリンク

自分がキーボードのパチンパチン音で迷惑かけないための対策

ストレス発散で無意識にキーボードをパチンパチンと強く叩いてしまうのであれば、

なかなか改善することは難しいでしょう。

なので、対策は、音がならないキーボードです。

安いものであっても、全然違います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク