現代制御と古典制御の違いが分かりやすく説明してある書籍は?「初めて学ぶ現代制御の基礎」

現代制御と古典制御の違い

現代制御と古典制御の違いは何か?

古典制御すらままならない理解の状態で、いきなり仕事の現場で現代制御理論が必要

という話になってきて、

最近、現代制御の本を読み漁っています。

で、

「そもそも、古典制御と現代制御の違いは何なのか?」

一言で分かりやすく説明してある書籍はないのか?

と思っていたところ、比較的分かりやすく説明してある本がありました。

「はじめて学ぶ 現代制御の基礎」

江口弘文さん、大屋勝敬さんの共著(東京電機大学出版局)です。

スポンサーリンク

現代制御と古典制御の違いの説明が書いてある書籍

引用しておきます

ページ28

古典制御理論と現代制御理論の基本的な違いは、

対象とするシステムの表現方法にあるといってよいだろう。

古典制御理論が、システムの入力と出力の関係のみに注目しているのに対して、

現代制御理論では、システムの内部状態にも着目しているのである。

ここでシステムの内部状態とは、出力 y(t) だけではなく、

その変化率 y′(t)  も意味している。

システムの次数が高くなればy′(t)、y´´(t)とすべての状態の変化に着目するのである

上記のy′(t)の ´ は、本書では、yの真上に ・ の記述で書いてあります。

うーん、この文章を1回読むだけでは難しいけれども、

本書の全体をさらっとでも読んでいけば、何を言わんとしているか、

ちょっとずつイメージできてきます。

イメージ的に言うと、

古典制御の場合、外側から見える「入力」と「出力」だけに着眼する。

一方、

現代制御は、外部から見える「入力」と「出力」だけではなく、

中で起こっている状態(内部状態)にも着眼する。

っていう違い。

こんな言い方しかできない状態。

まだまだ理解が出来ていない証拠。

まだまだ、現代制御の書籍を読み漁っていくしかないですね。

本書以外の現代制御の本で参考になった内容については、下記に記載してあります↓

--------------
エンジニアとして収入を上げいく一番の早道は、少々背伸びしてもいいから、とっとと開発現場に出ることです。

レバテックキャリアは、IT系、WEB系はもちろん、組み込み系エンジニアの募集も数多くありました。

登録は無料なので、とりあえず登録しておくのがよいです↓


--------------
エンジニアの職場は、30代、40代でも彼女いない、結婚していない方がたくさんいます。

個人の自由なので、別によいのですが、

「いい奴なんだけどなー。奥手だから女性と会話するのも難しいだけ。彼女いないのがもったいない」

という人が結構います。

そんな恋愛経験が少ない人向けの婚活サイトがあります。↓

恋愛経験が少ない男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活サービスは【ピュア婚】

私の身近な職場の周りでも、結婚相談所を利用して結婚した男性が2人いますし、

結婚相談所で女性を見つけるのは全然ありだと思います。



スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする