40代男が初めて転職再就職する現実は?早期退職で安易に辞める前にやれること

インターネット、とりわけ転職サイトの情報を見ると

「昔は20代30代くらいしかまともな転職はできなかった。でもここ最近は40代50代の転職市場も活況。年収アップにつながる転職は十分に可能」

などといった謳い文句で転職を誘われそうな気持ちになることが多いです。

40代以上の転職市場が活況なのはそうなのかもしれません。

でも私がここで言いたいのは、そうではなく、、、

私自身は、新卒から一社で働いていてもうすぐ40代。

転職は、私は経験していないけれども、周りは転職した人が多いです。

というのも、私の会社は社員の1/2が辞めるほどの大リストラをしたこともあります。早期退職制度はここ数年間の間で4回~5回。もう何回行ったか分からないくらいやっていますw

で、

その後、40代以上になって早期退職で辞めた人がどうなったのか?

「現実は甘くない」

ということを嫌ほど聞かされています。

転職を考えている40代以上の方で、

  • いくらスキルがあろうが、
  • どんなに基礎的能力が高かろうが、
  • 今の会社で評価されていようが

一旦冷静になって、安易に転職へ突っ走る前に、立ち止まる必要があると思ってこの記事を書いています。

スポンサーリンク

一部上場企業の大手企業から早期退職していった40代50代の人から聞いた本当の話

私が所属する会社の社員で40代以上で転職した人のほとんどのコメントがこれ

「年収下がったよ~」

今の私がいる会社は、一応東証一部上場の大手企業と言われるところ。世間一般的には安い給料ではありません。

40代以上の人が他社へ転職すると、再就職先では規模が小さな会社になる人がほとんどです。

普通に100万円以上は下がっています。

例えば、もともと課長クラスで年収800万円~900万円もらっていたと言っていた人。転職先では、部長クラスの役職で転職しました。

転職後の年収は600万円台になったとのこと。

その方が転職して2年経って、再会した時に聞いた言葉が、

「ホンマ、会社辞めん方がええぞ。後悔するで」

転職は、給料の金額だけの問題、年収だけの問題ではないと思う方もいるでしょう。でも、それは甘い。

現実問題、生活するお金が減れば、何をするにしても人生の選択肢がどんどん狭まってきます。お金が大事、というのは、収入が減ってからしか実感しないそうです。

あともう一つの例、私の職場から、銀行の警備員になった方がいます。40後半での転職でした。

その方の元々の年収は、少なくとも600万円以上はあったはずです。役職が主任、係長級だったので、そのくらいはあると想定出来るため。

転職後、年収300万円になったみたいです。

仕事内容は、銀行の窓口でお客さんに挨拶をして、お年寄りに案内したり、

「やりがいがあり、人の役に立ってる感があって充実してる」

とは言っていました。

でも、

「本当、お金がないんだよね~」

といいながら落胆した言葉が印象的です。

自分の仕事が本当に人の役に立っている充実感はあるのかもしれません。

そうかもしれないけれど、やっぱりお金って大事ですよね。生活が苦しくなってしまっては人生の自由度がなくなってしまいます。

こちらの日刊ゲンダイの記事。この記事を読んで

「あーやっぱり、私が実際に転職者に聞いていたことと同じだな」

と思いました。

「中高年の転職は甘くありません。最初は“大人の夏休みだ”などと3カ月ぐらいブラブラする人が多いですが、その後に職を探し始めたときに現実を突きつけられるのです。45歳の初めての転職は、ほぼ100%失敗します。プライドをずたずたにされ、メンタルコンディションを崩す人も珍しくありません。特別なスキルがあり、気持ちの切り替えが上手な人は大丈夫でしょうが、普通のサラリーマンは、とんでもない配置換えを命じられようとも、辞めないことを最優先すべきです」(石塚毅氏)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/263179/4

こちらに書いてあるように、プライドをズタズタ。

よく分かります。

私が所属する会社の人達は転職前、

「自分は大手企業出身だし、そこそこいけるだろ?」

と転職前は思ってるみたいです。

でも現実は違う。

大手企業で、そこそこ名の通った会社に勤めている人ほど、プライドが高いので、転職を後悔をするのではないかと思います。

もちろん、ブラック企業とか体を壊すほどまで長時間労働させられるのような職場は辞めて大正解だと思いますが。でも、そうでもない状態の場合、安易に会社の早期退職、リストラ面談の誘導に流されて転職するのは非常に危険です。

スポンサーリンク

イチかバチかの転職しなくても、在籍しながら複数・副業

じゃあどうすればいいのか?

「転職しなければ、もうこの先、給料も上がらないし、やりがいも無い」

と考えて、行き詰まり感を感じるかもしれません。

でもそんなことはありません。

別に会社辞めなくても出来ることはいくらでもあります。

会社を辞めるのは最後の切り札と思った方がよいです。

いくらでも、今の会社で仕事しながら、

どう今後のキャリアを作っていくか、

お試しながら生きてことは十分に可能です。

ではどうやって?

具体的に例を挙げましょう。

1つ目がこちら、複業を紹介するサイト、アナザーワークス

これ、ポイントなのは複業という言葉を使っているところです。

副業といわれる、単なるサブの仕事という位置づけではありません。

今の仕事を続けながらもう一つ自宅で仕事をしたり、夜に仕事したり、遠隔でリモートで行ったり。

サブではなく、企業から直接仕事を受けてやるというものです。

こちらから、無料で、数分で登録できました↓


実際、私もこのサイトに登録しました。

登録は無料。

下記の記事に、登録した手順、登録するまでにどんな質問があるのかも載せておきましたので、参考にしてください↓

転職には抵抗あるけど(複業)副業で企業から仕事を受けたい場合に登録したいサイト

氏名さえも登録する必要はありません。

匿名で OK です。

そして、そこまでハードルが高いとなるともっと気楽に、いわゆる副業から入りたい場合。

それが、下記のサイトです。実際私もこのサイトに登録しています。

便利な個人間の仕事の受発注はこちら:

ココナラで仕事を発注する場合は下記から無料登録することで出来ます↓

無料会員登録してサービス内容を見る

ココナラで仕事を請け負ってくれる人を探す場合は、下記から無料登録することで出来ます↓

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

クラウドワークスで仕事の受発注をするときは、下記から無料登録することで出来ます↓

クラウドワークス

私の場合、仕事を受注というより、お金を出して発注する側としても使っています。

受注する側、発注する側としても社外でビジネスをすることは下記のようなサイトを使って十分に自宅でできます。

会社を辞めるなんて、いつでもできますからね。

安い料金払って、退職代行使う手もありますし。

特に、40代以上は会社を辞めずに出来るところから始めていくのが、安全策です。