スイッチングレギュレータのフィードバック抵抗の抵抗分圧の計算式の考え方がよくわかったサイト

組み込みソフトエンジニアのHARUYAです。

この前仕事で、スイッチングレギュレータのフィードバック抵抗の計算式の話が出てきました。私にはさっぱり意味が分からず、自宅に帰ってから調べてみました。

いろいろ調べた中で、スイッチングレギュレータのフィードバック抵抗の抵抗分圧の関係式の説明が分かりやすかったサイトを下記に引用します。

それは、ROHMのアプリケーションノートです。

降圧スイッチングレギュレータICを使ったケースの式が書いてあります。

引用元:https://fscdn.rohm.com/jp/products/databook/applinote/ic/power/switching_regulator/resistor_setting_for_vout_appli-j.pdf

出力電圧(Vo) = ((R1 + R2)/ R2) * Vref

で表されることが分かります。

スポンサーリンク

降圧スイッチングレギュレータの抵抗分圧の計算式と早見表

下記が先のROHMアプリケーションノートの引用です。

R1 や Rに具体的な数値を入れると抵抗分圧によって、電圧が増えるのか?減るのかの感覚が分かってきます。

例えば、

R1 =1  R2 = 1 とすると、

V0 = (1 + 1)/1 * Vref = 2 * Vref

になります。

R1 =1  R2 = 2 とすると、

V0 = (1 + 2)/2 * Vref = 1.5 * Vref

R1 =2  R2 = 1 とすると、

V0 = (2 + 1)/1 * Vref = 3 * Vref

上記の3つの具体例から分かることは、

  • R1を大きくすると、出力電圧Voが大きくなる。(R1を小さくすると、出力電圧Voが小さくなる)
  • R2を大きくすると、出力電圧Voが小さくなる。(R2を小さくすると、出力電圧Voが大きくなる)

こんな感じで、式の関係性を感覚的に覚えておきます。

また、このアプリケーションノートには、出力電圧を調整する抵抗値の組み込みが書いてある早見表も載っています。

特に、基準電圧Vref=1Vの時の表が、計算がシンプルで直感的に分かりやすいです。

スポンサーリンク

P.S

すぐに転職する気はなくても、エンジニアとしての仕事は好きだけど、

突然の部署異動で会社の人間関係が嫌で、転職したい気分になることがあります。

そんな時にそなえて、下記に登録だけして情報収集だけでもしておくのがよいです。

組み込み系ソフトエンジニアってどんな仕事をしているのか?知りたい方へ、下記にてお答えします

組み込みエンジニアになりたい人へ質問に答えます 現役20年のエンジニアが新卒や第二新卒の希望者をサポート
--------------
エンジニアとして収入を上げいく一番の早道は、少々背伸びしてもいいから、とっとと開発現場に出ることです。

レバテックキャリアは、IT系、WEB系はもちろん、組み込み系エンジニアの募集も数多くありました。

登録は無料なので、とりあえず登録しておくのがよいです↓


--------------
エンジニアの職場は、30代、40代でも彼女いない、結婚していない方がたくさんいます。

個人の自由なので、別によいのですが、

「いい奴なんだけどなー。奥手だから女性と会話するのも難しいだけ。彼女いないのがもったいない」

という人が結構います。

そんな恋愛経験が少ない人向けの婚活サイトがあります。↓

恋愛経験が少ない男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活サービスは【ピュア婚】

私の身近な職場の周りでも、結婚相談所を利用して結婚した男性が2人いますし、

結婚相談所で女性を見つけるのは全然ありだと思います。



スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする