パワーポイントでページをまたいで連番の数値(段落番号)を自動入力したい場合のやり方

パワーポイントで、ページをまたいで、連番で段落番号を選ぶ方法は?

パワーポイントで、自動的にテキストに箇条書きまたは段落番号を追加する方法は、マイクロソフトのサイトに書いてあります。

それはパワーポイントのGUIを見てもすぐに分かります。

[ホーム] タブの [段落]グループで、[箇条書き] または [段落番号]を選べばいいので。

下記の図のように、箇条書きのスタイルを選べばできます。

パワーポイントの連番での段落番号付与1

段落番号は、テキストでEnterキーを押したら自動的に数値が、カウントアップしていきます。下記のように。

  1. テキスト入力
  2. テキスト入力
  3. テキスト入力

スポンサーリンク

パワーポイントでページをまたいで段落番号を連番(続けて)つける方法

それは分かるのですが、では、この段落番号をページをまたいで、連番で入力した場合はどうしたらいいのか?

ページをまたいでしまうと、段落番号が「1」から始まってしまうので、

「2」以降の段落番号が打てないんですね。

パワーポイントを触っていたら、分かりました。

それが、下記の「箇条書きと段落番号」を選ぶ画面で、右下に

開始(I)

と書いてある項目があります。

その開始の数字を「2」とか「3」とか、開始したい数字を自分で手入力することで段落番号の開始の数値が選択できます。

パワーポイントの連番での段落番号付与2

その結果、

例えば、

パワーポイントの1ページ目に、段落番号「1」の記述だけをする。

2ページ目は段落番号「2」から開始できる。

とか、ページをまたいで連番で段落番号を打つことができるようになります。

スポンサーリンク

ページをまたいで段落番号とかつける意味はあるのか?

そんな手入力で段落番号を入れる意味はあるのか?

って私は思うのですが、会社での仕事だと意味があるんですよね。

上司が、段落番号の形式やスペースにこだわる人であれば、パワーポイントの段落番号の機能を使うことで、テキスト入力のスペースにぶれがなく整った形式で文字を入力をすることができるからです。

私自身はずぼらなので、コンテンツ、中身重視なのでフォントとか、スペースとか全然気にならないのですが、上司次第ではスペースとかフォントとか細かいことを指摘しされてダメ出されることもあるので。

その対策ですね。

--------------
エンジニアとして収入を上げいく一番の早道は、少々背伸びしてもいいから、とっとと開発現場に出ることです。

レバテックキャリアは、IT系、WEB系はもちろん、組み込み系エンジニアの募集も数多くありました。

登録は無料なので、とりあえず登録しておくのがよいです↓


--------------
エンジニアの職場は、30代、40代でも彼女いない、結婚していない方がたくさんいます。

個人の自由なので、別によいのですが、

「いい奴なんだけどなー。奥手だから女性と会話するのも難しいだけ。彼女いないのがもったいない」

という人が結構います。

そんな恋愛経験が少ない人向けの婚活サイトがあります。↓

恋愛経験が少ない男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活サービスは【ピュア婚】

私の身近な職場の周りでも、結婚相談所を利用して結婚した男性が2人いますし、

結婚相談所で女性を見つけるのは全然ありだと思います。



スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする